桑田佳祐 MUSICMANへの道程 -ROCK AND ROLL HERO研究所-

サザンオールスターズ 桑田佳祐 最高傑作アルバム MUSICMANへ辿り着くまでの道程を,主観はできる限り排除し,桑田佳祐およびスタッフの証言を基に構成する
<< アルバム概論 ジャケット | main | 参考資料 WAR IS OVER ・WORKING CLASS HERO >>
参考資料 John Lennon - ジョンの魂
0
    桑田佳祐が最も影響を受けた一枚といえる。

    M1-Mother 桑田佳祐により何度もライブでカバーされたナンバー。また「ROCK AND ROLL HERO M-4影法師」は明らかにこの曲のオマージュである。

    M1-Mother M10-Godをはじめとするこのアルバムのピアノの音色がお気に入りのようで「慕情」(世に万葉の花が咲くなり 収録)等でこれら音色を追求している。

    Amazon.co.jp
    長い歳月を経た今、この『Plastic Ono Band』(邦題『ジョンの魂』)がリリース当時に巻き起こした衝撃を思い浮かべることはいささか難しくなった。確かに本作は、ジョンがビートルズ解散後に発表した初のソロ・アルバムだけあって、現在でもすべてのロック・ファンのマスト・アイテムだ。
    しかし、この数十年間にパンク、メタル、グランジを経験した我々は、「Mother(マザー)」や「Isolation(孤独)」や「I Found Out(悟り)」に赤裸々な絶望の叫びを感じ取るだけの耳の感度を失ってしまった。さらに、「God(ゴッド)」でひときわ熱く歌われる「I don't believe in Beatles(僕はビートルズなんか認めない)」という文句も、ビートルズ解散当時のようには響かない。あの頃はこの一節にドキリとさせられたものだった。とはいえ、本作が今なお感動の名作であり続けているのは、ひとえにジョンの曲づくりのうまさゆえだろう。(Dan Epstein, Amazon.co.uk)

    ジョンの魂 〜ミレニアム・エディション〜
    ジョンの魂 〜ミレニアム・エディション〜
    御意見,感想,情報何でも書き込んでください。



     
    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    | ROCK AND ROLL HERO | 05:14 | comments(1) | trackbacks(1)
    コメント
    「ジョンの魂」これは、ジョンの中でも絶対に一番純粋でこころにしみる作品ですよね。

    「今日を精一杯生きたくなってきます。」

    コメント、どうもありがとうございました。

    | 柏木陽志 | 2005/07/28 2:50 PM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://rock-hero.jugem.jp/trackback/7
    トラックバック
    -
    管理者の承認待ちトラックバックです。
    | - | 2005/07/28 2:53 PM |
    CALENDAR
    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>
    人気ブログランキングへ
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ
    PROFILE