桑田佳祐 MUSICMANへの道程 -ROCK AND ROLL HERO研究所-

サザンオールスターズ 桑田佳祐 最高傑作アルバム MUSICMANへ辿り着くまでの道程を,主観はできる限り排除し,桑田佳祐およびスタッフの証言を基に構成する
<< 桑田佳祐音楽ルーツ考  Marlena Show - Street Walkig' Woman | main | ようこそ ROCK AND HERO 研究所へ >>
闘病から復活へ
0

    桑田の声帯に細心の注意が払われながら,数時間に及ぶ,手術が順調におこなわれていった。

    「実は,桑田の手術の時,長時間かかると聞いていましたので,一人にしてもらって病室でビートルズのアルバムを順番に聴いていたんですよね。祈ることに集中したかったのと,桑田の好きなビートルズに,ちょっとでもすがりたいような気持ちもあったので一人静かに聴いていたんです。最初から順を追って聴いていく中で,ちょうど心配な頃に"Let It Be"がかかったりして。本当にあの時の "Let It Be"は心に沁みましたよね。手術が終わるくらいにかかったのは"The Long and Winding Road"でした。ホンとに不思議なことが色々あって,ビートルズの歌詞に"おっ!!"と思うようなことがたくさんあったんですよ。実は私,アルバムの順番を間違えちゃって最後にかかった曲が"ALL You  Need Is Love"だったんですよ。そしたら無事手術がおわったという電話がかかってきたんです。』(原由子)

    麻酔から意識を取り戻し,「桑田さーん」という周りの呼び声に「はーい」と答えた。すると同時に桑田の声が出たことへの喜びに病室は包まれた。

    手術翌日からICU内を歩き,一週間予定されていたICUでの治療も3日で終る。その後,ウオーキングマシーンを時速3kmで歩くなど,周囲を驚かすほどの驚異的な回復を見せていく。

    入院中は音楽のことをなるべく考えさせないという周囲の配慮とは裏腹に,現状の肉体と,自分の職業は音楽であるということを分けて考えていくことにより,未完成のアルバムへの制作意欲をさらに高めていく。
    「病室で,まだ作っていない歌詞を考えたりしていました。でも,できなくてね。やっぱり,30分おきに先生が入ってくるでしょう。看護師さんとか。だからなるべく本を読んだり,音楽を聞いたり。『ボブ・ディランのテーマ・タイム・ラジオ・アワー」とか,小唄とか,ジャズとか。」
    しかし,すぐに病室から,つくりかけの音源のチェックをし,スタジオへ次から次へと指示が出されるようになる。例えば『銀河の星屑』の最後の水の音は病室から出された指示である。

    結果として,アルバム制作が中断されたことにより,客観的に作品を見つめることができたようである。

    手術から20日後の8月22日に退院を果たし,復活への加速が増していく。立ちくらみ,咳などに悩まされながらも,退院後2週間で2週間でプールで泳ぎ,落ち込んだ肺活量も徐々に上がっていった。

    そして108日「SO WHAT?」から歌入れが自宅スタジオにて再開される。


    『周囲が思うような大げさな職場復帰ではなくて,何事もなかったように普通に戻ってきて,普通にレコーディングをしていたという感じでした。当然手術した所は体の中だし,歌を歌う上でどう影響するのかわからなかったので,声を出したら体がどうなるか,試し試しやっていく感じではあったと思うんですよ。でも初日からいきなり大声で歌っていた。普段から桑田さんが歌うときはものすごく大きな声なんですけど,手術前と遜色なくやっていたので,こちらが心配したぐらいでした。』(Recordingディレクター松元直樹)


    『復帰されて,第一弾の曲はちゃんと声がでるのかなって,こっちも緊張しました。手術をした場所が場所なだけに,声に影響しそうだってことは聞いていましたので。でもそのときの“SO WHAT?”を今聴くと,本当に病気だったのかな?っていうくらいのすごい声が入っていて,びっくりしました。』(Recording エンジニア中山佳敬)

    『病気が分かってから入院までの間,レコーディングエンジニアやミュージシャンの皆さんには,病気のことを内緒にしていてレコーディングを進めていました。その約2週間,桑田はすごい勢いで歌詞を作り,歌入れしていました。その姿には音楽への強い想いを感じましたし,何か不思議な力に導かれているような気さえしました。入院直前に,病気の事を皆さんにお話したときには,涙を流して心配して下さっ方もいたそうです。それだけに,レコーディングを再開できた時は本当に嬉しかったですし,その時の皆さんの笑顔は忘れられません。』(原由子)

    10月15日,桑田にとっての音楽の聖地「ビクター401スタジオ」に戻る。
    「SO WHAT?」「狂った女」そして,一番最後に「月光の聖者たち(ミスタームーンライト)」の歌入れが完成する。

    11月1日『それ行けベイビー!!』に感謝の意味を込めてレコーディングスタッフ,斎藤誠,原由子のコーラスを依頼し,ダビングされる。

    そして12月24日,アルバム制作のすべてが完了した。

    評価:
    エルヴィス・プレスリー,エルヴィス・コステロ,イアン・デューリー,アニー・ロス,マレーネ・デートリッヒ,ニルヴァーナ
    ミュージック・シーン
    ¥ 12,800
    (2010-11-25)
    コメント:桑田佳祐さんが入院中,病室でよく聞いたCD



     
    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    | 新しい夜明け 癌発覚から復活へ | 18:54 | comments(0) | trackbacks(0)
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://rock-hero.jugem.jp/trackback/50
    トラックバック
    CALENDAR
    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << July 2017 >>
    人気ブログランキングへ
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ
    PROFILE