桑田佳祐 MUSICMANへの道程 -ROCK AND ROLL HERO研究所-

サザンオールスターズ 桑田佳祐 最高傑作アルバム MUSICMANへ辿り着くまでの道程を,主観はできる限り排除し,桑田佳祐およびスタッフの証言を基に構成する
アルバム概論 タイトル
0
    『ROCK AND ROLL HERO』って,俺にとって最大の皮肉でね。自嘲気味に。

    当初タイトルは『ROCK AND ROLL HERO ?』にしようとしていた。

    桑田佳祐は「未だにロックという言葉にコンプレックスと照れがある」と語っている。ジョギパンでデビューし,『夜のヒットスタジオ』で芳村真理と話している人間が『ROCK AND ROLL HERO』と名乗ってはいけないという。本来ポップスという言葉が好きな桑田佳祐はデビュー当時,演歌やフォークを格好悪いものと嫌っていた。それなのに自分が出てきた姿はジョギパンというねじれを桑田佳祐自身は感じていた。しかし再びジョギパンで出てみたいと同時に発言しているのが桑田佳祐の奥深いところである。

    最終的に「?」が外され『ROCK AND ROLL HERO』に決まった理由は「?」がないほうがデザイン的に良いというスタッフの一言で意外と安易に決定したようだ。

    御意見,感想,情報何でも書き込んでください。


     
    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    | ROCK AND ROLL HERO | 01:02 | comments(1) | trackbacks(2)
    アルバム概論 ジャケット
    0
      文字だけというシンプルが故にインパクトのあるセンス溢れるジャケットに仕上がっている。デザインはジョンレノンのTシャツ「WORKING CLASS HERO」「WAR IS OVER」からヒントを得たものであろう。

      サザン・ソロを通じて初めて2種類のジャケットが用意されている。コレクターアイテムの要素はあるにしても,これは決して商業主義などといった意図に基づき製作されたものではない。
      白と黒とのジャケットは事務所サイドのアイディアではなく桑田佳祐自身の発案であり,自己の陰と陽を表している。また内ジャケットの写真は白盤・黒盤とでは異なっている。そして,ジャケット裏面にはジョンレノンの名作「ジョンの魂」をオマージュした自身の幼年期の写真を載せている。

      アナログ版のジャケットは「桑田を汚す」というコンセプトにより顔面に本人も自分と気づかぬほどの多量のペンキが塗りたくられている。これによりアルバムタイトルとは裏腹に自分自身は決してヒーローではないという虚像と実像のギャップをシニカルに表している。
      ● 桑田佳祐 ”ROCK AND ROLL HERO”
      アナログ版ジャケット

      御意見,感想,情報何でも書き込んでください。


       
      にほんブログ村 音楽ブログへ
      にほんブログ村
      | ROCK AND ROLL HERO | 04:19 | comments(0) | trackbacks(0)
      参考資料 John Lennon - ジョンの魂
      0
        桑田佳祐が最も影響を受けた一枚といえる。

        M1-Mother 桑田佳祐により何度もライブでカバーされたナンバー。また「ROCK AND ROLL HERO M-4影法師」は明らかにこの曲のオマージュである。

        M1-Mother M10-Godをはじめとするこのアルバムのピアノの音色がお気に入りのようで「慕情」(世に万葉の花が咲くなり 収録)等でこれら音色を追求している。

        Amazon.co.jp
        長い歳月を経た今、この『Plastic Ono Band』(邦題『ジョンの魂』)がリリース当時に巻き起こした衝撃を思い浮かべることはいささか難しくなった。確かに本作は、ジョンがビートルズ解散後に発表した初のソロ・アルバムだけあって、現在でもすべてのロック・ファンのマスト・アイテムだ。
        しかし、この数十年間にパンク、メタル、グランジを経験した我々は、「Mother(マザー)」や「Isolation(孤独)」や「I Found Out(悟り)」に赤裸々な絶望の叫びを感じ取るだけの耳の感度を失ってしまった。さらに、「God(ゴッド)」でひときわ熱く歌われる「I don't believe in Beatles(僕はビートルズなんか認めない)」という文句も、ビートルズ解散当時のようには響かない。あの頃はこの一節にドキリとさせられたものだった。とはいえ、本作が今なお感動の名作であり続けているのは、ひとえにジョンの曲づくりのうまさゆえだろう。(Dan Epstein, Amazon.co.uk)

        ジョンの魂 〜ミレニアム・エディション〜
        ジョンの魂 〜ミレニアム・エディション〜
        御意見,感想,情報何でも書き込んでください。



         
        にほんブログ村 音楽ブログへ
        にほんブログ村
        | ROCK AND ROLL HERO | 05:14 | comments(1) | trackbacks(1)
        参考資料 WAR IS OVER ・WORKING CLASS HERO
        0


          About WAR IS OVER
          WAR IS OVER / WAR IS OVER





          60HMR(BRAND NAME) / ロクマルエイチエムアール(ブランドネーム)


           
          にほんブログ村 音楽ブログへ
          にほんブログ村
          | ROCK AND ROLL HERO | 05:20 | comments(0) | trackbacks(0)
          HOLD ON (It's Alright)
          0
            作詞・作曲/桑田佳祐 英語補作詞/岩本えり子
            編曲/桑田佳祐&THE BALDING COMPANY

            「レノンとか,ディランとか,彼らから模倣することは喜びです」

            アルバム1曲目を飾るナンバー「HOLD ON ( It's Alright )」は誰もがボブ・ディランのオマージュと気づくはずである。

            2002年2月7日,斉藤誠を中心とするTHE BALDING COMPANYメンバー4名がビクター401スタジオに召集され,最初にセッションされたナンバーである。そこには桑田佳祐には珍しく,あらかじめ自宅録音された完成度の高いデモテープが用意されていた。(ただしデモテープが用意されていたのはこの曲以降はなかったらしい)

            はじめに「この曲は東京ドームライブの1曲目であり,ロックバンドを従えてハーモニカホルダーを首にかけ,Gibson J200をかき鳴らしている」という曲のイメージが桑田佳祐からメンバーに伝えられた。が,キーボードの片山敦夫はアコギから始まる比較的地味なこのナンバーはあまりにドームでのオープニングナンバーからは,かけ離れた印象を持ったそうである。

            サウンド全体はボブディランの「SUBTERRRANEAN HOMESICK BLUES」(アルバムBringing It All Back Home [M1]収録)を彷彿させるビルボード調の曲に仕上っている。

            「バンドをやっている人がコピーしたくなるイントロを作りたい」という桑田佳祐の言葉どおり,シンプルな斎藤誠のストラトキャスターによるギターリフに桑田佳祐の音数の少ない上手ヘタのブルースハープが絡んでくるこのアルバムを象徴するイントロでスタートするのである。

            江戸時代の瓦版のような「おいで皆さん,寄っといで〜」のような表現を好む桑田佳祐のメッセージ色の濃い曲の特徴として,自らの意見を押し付けるのではなく週刊誌の見出しのように社会現象や事件を次々と述べていくだけの作品が多い。この曲の詞も元々桑田佳祐が子供の頃に見ていたクレージーキャッツ出演の『大人の漫画』という毎日5分程度の生放送番組でおこなわれた世相を風刺するというタッチで書かれている。

            <桑田佳祐使用ギター>
            【EPIPHONE】EJ-200
            デモテープ Gibson J200(1956年製)
            写真はエピフォンコピーモデル
            【EPIPHONE】DOVE
            レコーディング Gibson DOVE(1966年製)
            写真はエピフォンコピーモデル

            THE BALDING COMPANY MEMBERS
            GUITAR 齋藤誠
            BASS 角田俊介
            DRUM 小田原豊
            KEYBORD 片山敦夫

            つづく



             
            にほんブログ村 音楽ブログへ
            にほんブログ村
            | ROCK AND ROLL HERO | 06:25 | comments(0) | trackbacks(0)
            参考資料 Bob Dylan - Bringing It All Back Home
            0
              Bringing It All Back Home [Remastered]
              Bringing It All Back Home [Remastered]

              Hold On (It's Alright)をレコーディングするうえで,参考されたであろうM1-SUBTERRANEAN HOMESICK BLUESは必聴である。思わずニンマリすることは間違いない。
              M3-MAGGIE'S FARMもHOLD ONを彷彿させてくれる。
              M11-IT'S ALL OVER NOW, BABY BLUEは1995年,Mr. Childrenとのジョイントライブ「LIVE UFO '95」において桑田佳祐によりカバーされた名曲である。


               
              にほんブログ村 音楽ブログへ
              にほんブログ村
              | ROCK AND ROLL HERO | 07:36 | comments(0) | trackbacks(0)
              ボブ・ディラン 関連書物
              0
                ボブ・ディラン自伝
                ボブ・ディラン自伝
                ボブ・ディラン, 菅野 ヘッケル
                超ボブ・ディラン入門
                超ボブ・ディラン入門
                中山 康樹



                 
                にほんブログ村 音楽ブログへ
                にほんブログ村
                | ROCK AND ROLL HERO | 08:18 | comments(0) | trackbacks(0)
                ROCK AND ROLL HERO
                0
                  作詞・作曲/桑田佳祐
                  編曲/桑田佳祐&THE BALDING COMPANY

                  「まあ色っぽくいこうよ」

                  70年代前期におけるザ・フー,デビッド・ボウイ,T-REXを彷彿させるグラムロックのいかがわしくもグラマナスさを持ったアルバムチューンナンバー。

                  レコーディングセッション初日2002年2月7日に桑田佳祐一人のアコースティック・ギター(Gibson/J-160E)による仮歌録音からこの楽曲(レコーディング時の仮タイトルM-2)のレコーディングセッションが始まった。

                  はじめセッションされたアレンジは現在発表されているものよりもかなりテンポが遅いものであった。このバージョンではサビの部分にドアーズを連想させる片山敦夫のオルガンが4時間かけてダビングされた。しかし翌日,桑田佳祐の意向により大幅なテンポアップが提案され敢無くお蔵入りとなった。(このバージョンのレコーディング風景はWOWOWの番組内で一部放送)

                  テンポアップをすることにより,いっそうポップな仕上がりをみせていく。ここでも桑田佳祐はキーボードにかなりのこだわりをみせている。
                  スローバージョン時はオルガンであったが,エルトンジョンが弾くようなピアノをイメージに何度もトライを重ねていく。公式「レコーディング日誌」では2度の取り直しが確認できる。

                  イントロはギター斎藤誠のアイディアで分かりやすいメロディーを持ったツインリードが採用された。曲全体がT-REX的なギターである。

                  言葉の意味が分からない洋楽を聴きその歌詞カードを見たとき,そのポップなメロディーと詞が持つメッセージ性とのギャップに驚くことは少なくない。
                  コカコーラのCMソングでサビの部分だけ聞いた時,こんなヘビーな内容を持った歌であると予想した人は少ないであろう。ましてや米国文化の象徴であるコカコーラのCMソングで米国追随の日本,また米国そのものを批判した曲であると予測することは不可能である。

                  桑田佳祐だけでなく多くの50〜60年生まれの世代にとって"ROC AND ROLL HERO"=米国である。米国の戦後政策により我々日本人は米国文化を意図的に刷り込まれてきた。今日の米国に意思表示することもなく,ただ追従するだけの我が国日本をこの曲で皮肉っているのである。

                  また米国文化に誰よりも憧れてきた50歳を直前に控えた桑田佳祐自身も「このままずっと米国に追従していくだけでいいのかな」という思いを感じ始めている。故に自ら,この曲において『ヒーロー』と米国を喩えているのは自虐的な皮肉を込めていると語っている。また『No』と言えぬまま,米国に追従する日本の政治家がいるならば,彼らを選んだ我々国民も同罪だとも語っている。

                  しかしこのようなヘビーな内容を持つ歌でさえ,サビでは「色っぽくいこうよ」と前向きな姿勢で締めくくり,米国の象徴コカコーラのCMソングにさえなるほどの最高のポップスとして成立させるのが桑田佳祐だけが成し得るマジックなのである。

                  GLAY・TAKUROの桑田佳祐に対する「ブッシュに贈る美しい日本語の諺は何ですか」という質問にこう答えている。
                  「正しかるべき正義も時としてめしい(盲)る事がある」と。

                  余談ではあるが桑田佳祐にとってのロックンロールヒーローは決してブルース・スプリングスティーンではないと冗談交じりで同時期のインタビューで何度も答えている。日本を代表するロッカー「佐野元春」がブルースを敬愛しているのに対して桑田佳祐は以前からブルースを好きでないと公言している。桑田佳祐がライバルとして,同時に最もその才能を認め,小田原豊・佐橋佳幸・山本拓夫・長田進,古田たかしなど多くの共通するミュージシャンと競演していることからも明らかなように,ロックに対する解釈が多く共通する2人が,何故かブルースに対しては大きく好みが割れているのはとても興味深い。


                  桑田佳祐使用ギター
                  仮歌 Gibson Gibson J-160E
                  Gibson LTD 1964 J-160E
                  レコーディング Gibson DOVE(1966年製)
                  Epiphone Dove
                  写真はエビィフォンコピーモデル

                  ライブ PGM TE-K.K Model-2
                  ファン必見の桑田佳祐オリジナルモデル
                  PGM TE-K.K Model-2

                  THE BALDING COMPANY MEMBERS
                  GUITAR 齋藤誠
                  BASS 角田俊介
                  DRUM 小田原豊
                  KEYBORD 片山敦夫

                  SAX・flute 山本拓夫
                  鳩 角谷仁宣


                  つづく


                   
                  にほんブログ村 音楽ブログへ
                  にほんブログ村
                  | ROCK AND ROLL HERO | 16:43 | comments(0) | trackbacks(0)
                  参考資料 T.REX
                  0
                    アルバム 『T.REX』
                    スライダー (紙ジャケット仕様)
                    スライダー (紙ジャケット仕様)
                    M8-Telegram Sam 一聴しただけで「ROCK AND ROLL HERO」がこの曲に大きく影響されていることがわかる。また「メリークリスマスショー」「Live UFO'95」「Acoustic Revolution」など度々カバーされていることからファンにも馴染みの深い曲である。
                    内容(「CDジャーナル」データベースより)
                    マーク・ボラン自らが設立したレーベルの第1弾として、72年に発売されたアルバムが、紙ジャケ仕様となって初CD化。全英NO.1となった「テレグラム・サム」を含む、歴史的名盤だ。


                    アルバム 『グレイト・ヒッツ』
                    グレイト・ヒッツ
                    グレイト・ヒッツ
                    M4-Metal Guru 「THE GOLDEN AGE OF BRITISH ROCK〜愛と青春の英国ロック〜」で桑田佳祐初カバー。
                    M8-20センチュリー・ボーイ 出だしのディストーションサウンドは 「質量とエネルギーの等価性」に通じている。
                    内容(「CDジャーナル」データベースより)
                    T・レックスと共に10代の日々を過ごすことができたのは,僕の世代の数少ない誇り。マーク・ボランのブギーはチープで,ギラギラしていて,でもこの世のものとは思えないほどに美しかった。このベスト盤は,’70年代ポップ・カルチャーの最高のサンプルだ。



                     
                    にほんブログ村 音楽ブログへ
                    にほんブログ村
                    | ROCK AND ROLL HERO | 17:32 | comments(0) | trackbacks(0)
                    M03 或る日路上で
                    0
                      作詞・作曲/桑田佳祐
                      編曲/桑田佳祐&THE BALDING COMPANY

                      「シャレたソウルミュージックもいいけど,気持ちはロックでお願いします」

                      レコーディングセッション2日目,桑田佳祐のギター1本(Gibson DOVE)による仮歌の録音から『或る日路上で』(仮タイトルM-3)のレコーディングが始まった。
                      レニー・クラビッツデビット・ボウイのような70年代のソウル&ファンクを母体としたブラックミュージックを目指したものであった。
                      ギター斎藤誠はこのアルバムの中で一番気に入っている自身のプレーはこの曲と語っている。

                      このアルバムでは『あえて王道は求めない』というコンセプトに基づき,ファンク寄りになりすぎていくアレンジに対しロックっぽさを失わないようにと要求が繰り返された。
                      WOWOWの番組の中でこの曲の仮歌を歌う姿が放映されていたが,そのボーカルスタイルはロックそのものだった。

                      桑田佳祐とファンクミュージックの接点は一般的にはあまり馴染みはないが,アルバムやシングルのカップリングの中には『行け!!力道山』(シングル・クリスマスラブカップリング)『メリージェーンと琢磨仁』(シングル・マンPのGスポットカップリング)『マリワナ伯爵』(アルバムYoung Love収録)等,数多くの秀作がある。
                      またこのジャンルにおいて桑田佳祐の日本語をロックにのせるというテクニックは一番冴えわたっている。
                      また桑田佳祐が作るファンクミュージックはブラックミュージックというよりもリトルフィート寄りである点も興味深い。

                      ミジンコから総理大臣までクリックすれば瞬間に飛んでいけるインターネットのように,何の変哲もない『路上』での出来事までをテーマとすることによって,このアルバムに『今』に対する即応性を持たせようとした。
                      また,このような何でもない日常を歌にする手法はジョンレノンの『A DAY IN THE LIFE』の影響である。この手法はこのアルバムにおいて多用されている。

                      このアルバムは,サウンド自体がエッジの効いたものがほとんどで,「愛している」「キスしたい」などのポップスの常套句は使われていない。
                      いわばアルバムの中のミジンコのような存在のこの曲から,政治問題まで幅広いテーマを歌うことによって『今』の自分自身をリアルに映しだしたのである。

                      この曲は当初,桑田佳祐自身がTV番組の中で語った浜田雅功の妻,小川菜摘との駐車場でのちょっとしたトラブルを題材にした歌ではないかと推測され,女性週刊誌等で話題になった。
                      過去の長渕剛との一件もありファンを心配させたが,小川菜摘とのトラブルは単なる題材へのヒントであり,小川菜摘個人を非難している曲でないことは明らかであるため,前回のような大騒動にはならず,ファンを安心させた。

                      まったくの余談ではあるが私は高校時代,『夕陽が丘の総理大臣』に生徒役として出演していた小川菜摘(当時は芸名 島村聖名子)のファンで,ファンレターまで書いたことがある。(こんなことを気取った文体で書くのも照れるのだが)そして小川菜摘からその返事まで頂いた。(その返事は近日参考資料として公開予定!)
                      桑田佳祐と小川菜摘のこの件が大騒動に発展しなくて一番ホッとしたのは両者のファンである私かもしれない。

                      また『夕陽が丘の総理大臣』に主演の中村雅俊に桑田佳祐が『恋人も濡れる街角』を提供したことは誰でも知っていることであるが,関口和之もベーシストとしてその録音に参加していたこともトリビアとして付け加えておく。

                      桑田佳祐使用ギター

                      【EPIPHONE】DOVE
                      仮歌・レコーディング Gibson DOVE(1966年製)
                      写真はエピフォンコピーモデル

                      Gibson C/S Historic 1959Les Paul 5A Quilt Top/IB
                      ライブGibson LesPaul Custum

                      THE BALDING COMPANY MEMBERS

                      齋藤誠:Electric Guitar
                      角田俊介:Bass
                      小田原豊:Drums
                      片山敦夫:Wurlitzer
                      Mono Synthesizer 角谷仁宣

                      御意見,感想,情報何でも書き込んでください。


                       
                      にほんブログ村 音楽ブログへ
                      にほんブログ村
                      | ROCK AND ROLL HERO | 14:05 | comments(0) | trackbacks(0)
                      CALENDAR
                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << July 2017 >>
                      人気ブログランキングへ
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      SELECTED ENTRIES
                      CATEGORIES
                      ARCHIVES
                      RECENT COMMENT
                      サーチする:
                      Amazon.co.jp のロゴ
                      PROFILE